ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかし、日本ではそういった研究報告がないですし、厚生労働省も認めていません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というのは、正しいとは言えません。

 

ただ、「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」(厚生労働省)によると葉酸など成人男性が摂取した方が良いとする推奨量は定められています。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ですから、食事でこれだけの葉酸が摂れていればサプリメントは不要で、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

それと、国立研究開発法人科学技術振興機構による情報には、葉酸摂取は致死的心筋梗塞発症リスクを小さくできる可能性があり、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、アルツハイマー病、心筋梗塞、骨粗鬆症による骨折、鬱血性心不全などの発症リスクを下げる可能性を示すという報告があります。

 

ということは、摂取の上限に注意しつつ、葉酸はサプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

 

 

 

葉酸を摂るためのサプリメントは、妊活中から飲んでいて、もう少しで出産ですがまだ飲んでいます。

 

第一子ですが、つわりが全くありませんでした。

 

特に何かに気を付けて過ごしてきたわけではなく、あるとすれば、葉酸サプリを飲んでいたことかなと思います。

 

値段と品質は比例するのかなとと考えていましたが、私自身異常はないし、妊婦検診でも胎児に異常はありません。

 

味にも匂いにも違和感がないことも続けるために必要ですね。

 

葉酸サプリは多種多様で、値段も成分も同じようだと厳選まとめサイトを見ても1つを選ぶのは難しいですが、まず第一に信頼できるメーカーかどうかですかね。

 

できれば男性にも有効だといいかも。

 

 

 

妊活には男性用葉酸サプリを摂りましょうというのは、医学的な根拠はありません。

 

葉酸は、胎児の器官を作る時期に葉酸が不足すると二分脊椎や無脳症の発症リスクがあるため、それを予防するため女性に効果があるとされている栄養素だからです。

 

いつから飲むかと言えば、妊娠をする前から摂ってこそ効能があるものです。

 

それは男性と女性の決定的な差ですね。

 

妊娠しない男性が飲んでいないのは、特に支障はありません。

 

そもそも男性が葉酸を摂取することのメリットはありません。

 

ただ「飲むな」というわけではありませんよ。

 

成人男性の推奨摂取量(240μg/日)があって、この分は確保する必要があります。

 

240μgは、食事で摂れるという前提で考えていますが、その男性が、もし偏食気味であれば、栄養補助食品を利用した方がいいでしょう。

 

ただし、摂取上限量を超えてはいけません。

 

副作用の危険があります。

 

18歳以上の男性の場合、葉酸の上限量は900~1000μgになっていますので、覚えておきましょう。

 

むしろ男性には、マカなどの栄養素材を使ったサプリの方がおすすめです。

 

 

 

妊娠を予定される女性に必要だと言われる葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠に影響するものではありません。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、プレパパとプレママの妊娠体づくりに役立つと考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

まずマカは栄養が豊富です。

 

女性ホルモンに作用して分泌を促します。

 

バランスよくミネラルやアミノ酸が含まれ、ホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

それは、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを含んでいるので、女性の不調に良いのだそう。

 

 

 

葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

 

水溶性で、ビタミンB12と一緒に作用して血液を作る働きがあります。

 

ビタミンとは、それぞれの相互作用で効果が期待できるもので、一つを単独で摂るよりいろいろなビタミンをバランスよく摂ることが良いとされています。

 

相性の良いビタミン同士を取らなければ、葉酸だけ一生懸命になっても期待する効果は得られないないということです。

 

妊活中または妊娠中の女性は、神経管閉鎖障害のリスクを低減させるため、食事で摂取する葉酸以外に1日あたり400マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで摂りなさいと厚生労働省から通知されました。

 

しかし、葉酸の過剰摂取は、別の病気(ビタミンB12欠乏症)と区別が難しいので、適切な量を摂取することが大切です。

 

そのため1日あたりの葉酸について、摂る量の下限値も上限値も設定されています。

page top