妊娠したい夫婦は葉酸サプリを飲みましょう、という提案は、はなはだ疑問です。

妊娠したい夫婦は葉酸サプリを飲みましょう、という提案は、はなはだ疑問です。

葉酸そのものは妊娠することに影響しないからです。

 

成人男性や成人女性には、様々な栄養素を摂取するにおいて推奨量が厚労省から提示されていますが、あくまでも一般的な食事で摂りましょうという話であって、わざわざサプリメントで摂るほどの話ではありません。

 

例えば、ふだんから偏食気味で栄養の過不足が酷いというならば、栄養補助食品で補うこともあります。

 

でも、健康な夫婦に向けて「赤ちゃんが欲しいなら葉酸サプリを」、というのは、見方によっては「妊娠するために葉酸が不可欠」とも読めるので、こういった表現は、あくまでも私個人の感想ですが、ちょっと嫌らしいなと感じます。

 

エレビットの商品レビューをしている個人サイトの中には、そんなアプローチしている人もいて、もちろん「赤ちゃんを授かるために」とあからさまに表現しているのではなくて、男性にも推奨摂取量が定められていますよ、というテイストです。

 

葉酸だけでは妊娠できないですから、マカなど健康づくりに飲んで良い素材とかを紹介した方がよほど価値がある提案だと思います。

 

 

 

葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸を摂ることが望ましい期間という意味では、妊娠する前から卒乳まです。

 

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中もそうでないときよりも多くの葉酸を必要とします。

 

授乳期が終われば、ふだんの食事で栄養のバランスが良ければ、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、栄養補助食品は不要です。

 

ただ、バランスの良い食事というのが、実現が難しい方が多いと思います。

 

産後、授乳が終わるにしても離乳食の作り置きはなかなか大変ですし、まだ夜泣きがあるでしょうし、丁寧に自分の食事を用意する、仮に用意できてもゆっくり食べるなんて、そんな簡単ではないですよね。

 

ですので、妊娠中より少なくていいのですが、あなたの食事の質に合わせて少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、ほそぼそでも継続することで産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいと思い葉酸サプリは知って飲んでいます。

 

最近は、医師から勧められるということもあるようですし、雑誌などでは、芸能人も飲んでいるらしいですね。

 

絶対に妊娠したいし、もし不妊だとしても葉酸で何とかなるのかなという思いからです。

 

かなり自由に買えるし、ベルタ、DHC、ピジョンなどよく耳にします。

 

アメリカ製もあるのですね。

 

人気の葉酸サプリは、原材料にこだわってお手頃価格ですね。

 

どれか1つお薦めを選ぶならば、販売歴は浅いですが、ライバル会社の人気商品を研究して開発されたアロベビー葉酸サプリがオススメと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

葉酸に妊娠を促す作用はありません。

 

でも葉酸サプリは葉酸のほか、おおむね体に良い栄養素がバランスよく含んでいる商品が多いので、妊活中から飲むというのは合理的です。

 

2000年から厚生労働省は摂取を推奨していることもあり、飲んでいると気持ちが安心するということもあるでしょう。

 

もっと大事なことは、赤ちゃんにとって妊娠4~5週というのは、必要な器官が形成される時期だという点です。

 

この時期に葉酸を取っていることで、障害のリスクを小さくすることができます。

 

妊娠に気づくのは、その時期より後の6週目くらいなので、妊娠に気づいてから葉酸を摂るのでは、少々遅いとも言えるため、妊娠前から摂るのが望ましいというわけです。

 

さらに授乳中も葉酸を摂るようにしましょう。

 

 

 

葉酸サプリの葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠に影響するものではありません。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、プレパパとプレママの妊娠体づくりに役立つと思われる栄養素を含めている葉酸サプリもあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

バランスよくミネラルやアミノ酸が含まれ、ホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

それは、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを含んでいるので、女性が好調になる効果が期待できるようです。

 

アロベビー葉酸サプリが口コミで評価される理由

page top