妊活中から葉酸サプリは知って飲んでいます。

妊活中から葉酸サプリは知って飲んでいます。

最近は、医師から勧められるということもあるようですし、雑誌などでは、芸能人も飲んでいるらしいですね。

 

絶対に妊娠したいし、もし不妊だとしても葉酸で何とかなるのかなという思いからです。

 

調べてみるとドラッグストアでもネットでも買えますね。

 

ベルタ、DHC、ピジョンなどよく耳にします。

 

アメリカ製もあるのですね。

 

人気の葉酸サプリは、原材料にこだわって当然無添加ですね。

 

どれか1つお薦めを選ぶならば、販売歴は浅いですが、他のメーカーの商品を学習して開発されているでしょうから良いと思います。

 

 

 

葉酸サプリは、妊活中から飲んでいて、もう少しで出産ですがまだ飲んでいます。

 

第一子ですが、つわりが全くありませんでした。

 

特に何かに気を付けて過ごしてきたわけではなく、やはり葉酸サプリのいい影響だったのでしょうか。

 

値段と品質は比例するのかなとという心配もありますが、私自身異常はないし、赤ちゃんも順調に育っています。

 

続けることが大切ですね。

 

飲みやすいことは続けられた理由だと思います。

 

葉酸サプリは多種多様で、値段も成分も同じようだと厳選まとめサイトを見ても1つを選ぶのは難しいですが、まず第一に信頼できるメーカーかという点は重要ですね。

 

 

 

妊娠を予定される女性に必要だと言われる葉酸は、妊娠がわかる前の初期段階で必要な成分であって、妊娠するかどうかに影響しない成分です。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、女性と男性の体づくりに貢献できると思われる栄養素を含めている葉酸サプリもあります。

 

その役立つ成分とはマカです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

バランスよくミネラルやアミノ酸が含まれ、ホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似ている作用をする植物性エストロゲンが含まれているので、女性の不調に良いのだそう。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産する頃でいいのでしょ?と間違った認識の人が多いです。

 

そのタイミングでは遅すぎて、無脳症や二分脊椎を避ける効果が小さくなってしまいますから、キチンと妊活中から飲みましょう。

 

もちろん、葉酸サプリを飲んでない人は、もっとリスクが高まりますよ葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸にも品質の高い低いがあるので、相場よりお安い商品は、私だったら家族や友人には絶対勧めないですね。

 

さすがに身内には、DHCは止めとけと言い切りましたよ。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

ただし、妊娠後期からは葉酸サプリで1000μg超の摂取はしないようにしてください。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

ベルタの公式サイトの中に男性も妊活中に葉酸摂取するよう勧めています。

 

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も特に認めていることではありません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というのは、正しいとは言えません。

 

ただし、厚生労働省は成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ですから、食事でこれだけの葉酸が摂れていればサプリメントは不要で、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリを飲んだ方がいいですよね。

 

それと、国立研究開発法人科学技術振興機構による情報には、葉酸を摂ることは致死的心筋梗塞発症リスクを小さくできる可能性があり、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの発症リスクを下げる可能性を示すという報告があります。

 

つまり、葉酸は摂取上限量(18~29歳900μg、30~69歳1000μg)に注意したうえで、サプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

page top