実店舗でもネットでも買える葉酸サプリを比較するとき、残留農薬や放射能などがゼロもしくは規定以内である点を見極めて、妊娠準備の女性にもママにも赤ちゃんにもやさしいものを選びます。

実店舗でもネットでも買える葉酸サプリを比較するとき、残留農薬や放射能などがゼロもしくは規定以内である点を見極めて、妊娠準備の女性にもママにも赤ちゃんにもやさしいものを選びます。

安心の国産野菜フルーツ11種を配合し妊活・妊娠中に取りたい栄養を含んだ栄養機能食品。

 

葉酸は天然型よりも厚労省推奨の合成型のモノグルタミン酸型が必須。

 

種類は吸収率80%のモノグルタミン酸型、原産国はやはりスイス等ヨーロッパの方が品質が高いです。

 

 

 

葉酸摂取が目的のサプリは、実に多くのアイテムが提供されています。

 

どれか1つを選ぶ時に人気ランキングなどの上位商品から選ぶこともあるでしょう。

 

それでも良いと思いますが、最後決定の前には含有成分の種類をチェックしましょう。

 

第一に葉酸の含有量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

種類は、天然のポリグルタミン酸型ではなく、合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

それの吸収率は80%ということで厚生労働省も推奨しています。

 

後は、葉酸以外の栄養素ですが、鉄分とカルシウムは欲しいですね、母体の健康を維持するためです。

 

胎児には、しっかり育つように各種ビタミン、乳酸菌、DHAもあるといいですね。

 

人気ランキングから商品を選ぶ時は、何のために飲むののかを忘れずに成分の種類や質にも注目しましょう。

 

 

 

葉酸サプリの人気具合を見るためには、人気ランキングを紹介するサイトを見るのが便利です。

 

注意点もあります。

 

それは、ショッピングモールサイトと独自ランキングを紹介するサイトでは、結果が違うことが多い点です。

 

原因としては、1つは、ランキングの対象となる商品に偏りがあります。

 

大手ショッピングモールで取り扱う葉酸サプリは、ドラッグストアなどの実店舗でも販売しており、逆を言えば、そういった販売ルートの商品だけが対象となっています。

 

でも一般のネットショップや実店で取り扱いのない商品もあり、独自ランキングを紹介するサイトでは、そういった商品も対象になっています。

 

それと順位決めの基準があいまいです。

 

大手ショッピングモールでは、販売数を集計して販売数順、または売上額順になっています。

 

それに対し独自ランキングのサイトでは、利用者や購入者の感想による採点や商品仕様に基づきランキングサイト運営者がほぼ主観で採点していることが多く、評価基準が不統一になってしまいます。

 

人気のある商品を選びたいときは、それらの点を踏まえて参照するようにしましょう。

 

 

 

DHC『ヘム鉄』はアマゾンの売れ筋ランキング2位ですが、葉酸サプリというよりは鉄分を補うためのサプリですね。

 

鉄分は、動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄の2種類あります。

 

吸収率は、非ヘム鉄よりヘム鉄の方が高いですし、お茶やコーヒーなどのタンニンと反応しないと知られています。

 

さらにDHC『ヘム鉄』には、葉酸とビタミンB12を配合しています。

 

妊娠中の女性は鉄分不足になりがちですし、育ちざかりの方におすすめです。

 

ちなみにafcは、楽天ランキングで上位です。

 

 

 

プレミン、afcのmitete、dhc、ベルタなど話題の葉酸サプリを比較しましょう。

 

比較のポイントは価格、成分、口コミ(syufeelなど)。

 

任角柱・妊娠中の女性の多くが医師などに勧められて飲むようになった葉酸サプリを比べて飲みやすさ、販売数、価格などのランキングから選択できます。

page top