葉酸摂取が目的のサプリは、たくさんの商品が販売されているので、あれもこれも飲むわけにはいかないので、口コミなどを参考にして選ぶということがあると思います。

葉酸摂取が目的のサプリは、たくさんの商品が販売されているので、あれもこれも飲むわけにはいかないので、口コミなどを参考にして選ぶということがあると思います。

方法としては間違っていないですが、最終的に選ぶ前に成分をチェックをお忘れなく。

 

肝心の葉酸量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

そして種類は、天然型ではなく合成のモノグルタミン酸型が良いです。

 

それの吸収率は80%ということで厚生労働省も推奨しています。

 

次にサポート成分として、貧血防止の鉄分、丈夫な骨のためのカルシウムが必要です。

 

母体の健康を維持するためです。

 

それと赤ちゃんのために発育サポート成分も欲しいです。

 

ランキングや口コミを見て選ぶなら何のために飲むののかを忘れずに成分の種類や質にも注目しましょう。

 

 

 

Amazonランキング1位のピジョンの葉酸カルシウムプラスは、妊娠を希望する女性に必要な葉酸400μg、妊娠中に必要な鉄10mg、カルシウム160mg、その他ビタミンB群が、1日2粒でとれます。

 

日本人の女性が飲みやすいように、そして続けやすいように小さめ粒にしてあります。

 

楽天のランキングには、ベルタなどが入っています。

 

 

 

妊活中に葉酸サプリは人気商品から選びたいと思うとき、うっかりすると見かける頻度の高い商品を選ぶ傾向にあります。

 

たとえば、ベルタ、afcのmitete、dhcなどは、ブログやTwitterで紹介する人が多いので、検索したときに目にしやすい商品です。

 

あるいは、ドラッグストアなどで探した場合、商品棚の目立つ場所に陳列されている商品を見つけやすくなりますね。

 

このようによく目にするから人気があるというのは、おすすめできない判断の仕方と言えます。

 

もっとも葉酸サプリは選び方が重要ではなく、含有する成分の種類や量が適切であること、休まずに飲めることが大切で、それを前提にどの商品でも気にするほどではないといえますので、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

 

 

 

葉酸サプリの人気具合を見るためには、ランキングサイトを見るとわかりやすいですが、注意点もあります。

 

それは、楽天・amazon・ヤフーショッピングなどの大手ショッピングモールと独自ランキングを紹介するサイトでは、結果が違うことが多い点です。

 

その理由としてまずランキング対象となる商品に偏りがあります。

 

ショッピングモールサイトでの対象商品は、薬局やドラッグストアで取り扱いがありますが、ある意味、そういった販売ルートの商品だけが対象となっています。

 

でも一般のネットショップや実店で取り扱いのない商品もあり、独自ランキングを紹介するサイトでは、それらの商品もランキングの対象としています。

 

また、ランキングの評価ポイントの基準が不統一です。

 

大手ショッピングモールでは、販売数を集計できますから販売数順、または売上額順になっています。

 

一方、独立系ランキングサイトでは、利用者や購入者の感想による採点や商品仕様に基づきランキングサイト運営者がほぼ主観で採点していることが多く、評価の基準があいまいな傾向があります。

 

人気商品を選びたいと考える場合は、そういった点に注意する必要があります。

 

 

 

Amazonランキング3位の小林製薬 葉酸 鉄 カルシウムは、1日3粒で葉酸480μgが摂れます。

 

厚生労働省が報告する2015年度版の「日本人の食事摂取基準」によると、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中の女性は480ug、授乳中なら340ugの葉酸をふだんの食事とは別に1日に摂ることを勧めています。

 

葉酸480μgを含みますので、妊娠前から授乳中まで調節しながら飲めます。

 

ちなみに他の市販品は、楽天ランキングで上位です。

page top