Amazonランキング4位のビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒は、お母さん向けのチュアブルタイプのタブレットです。

Amazonランキング4位のビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒は、お母さん向けのチュアブルタイプのタブレットです。

噛んでも舐めてもおいしいですよ。

 

目安は1日1粒で、それに400μgの葉酸を含んでいますので、妊娠を計画している女性に最適です。

 

また、鉄13mgも含み妊娠期に補うことができます。

 

ビタミンB群も配合されているのはうれしいですね。

 

個人的には、楽天のランキング上位だからとはいえ、素材の原産国や最終加工国まで公表していない葉酸サプリは、効果も不明瞭ですしおすすめできないですね。

 

 

 

葉酸サプリは多くのメーカーからたくさんの商品が販売されているので、どれか1つを選ぶ時に人気ランキングなどの上位商品から選ぶこともあるでしょう。

 

それでも良いと思いますが、最終的に選ぶ前に含有成分の種類をチェックしましょう。

 

第一に葉酸の含有量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

種類は、天然のポリグルタミン酸型ではなく、合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

それの吸収率は80%ということで多くのメーカーはモノグルタミン酸型の葉酸を採用しています。

 

次にサポート成分として、貧血防止の鉄分、丈夫な骨のためのカルシウムが必要です。

 

母体の健康を維持するためです。

 

それと赤ちゃんのためにしっかり育つように各種ビタミン、乳酸菌、DHAもあるといいですね。

 

ランキングや口コミを見て選ぶなら何のために飲むののかを忘れずに母体と胎児のためになる含有成分にも注意しましょう。

 

 

 

楽天、ドラッグストアなど市販の葉酸サプリ選びは、残留農薬や放射能などがゼロもしくは規定以内である点を見極めて、妊娠準備の女性にもママにも赤ちゃんにもやさしいものを選びます。

 

原材料に使われる野菜やフルーツは国産品とし、妊娠する前、妊娠した後にそれぞれ必要な栄養素を含んでいる点も重要です。

 

葉酸は天然型よりも厚労省推奨の合成型のモノグルタミン酸型が必須。

 

15日返金保証、全額返金保証の葉酸サプリ一覧表もあります。

 

 

 

DHC『ヘム鉄』はアマゾンの売れ筋ランキング2位ですが、葉酸サプリというよりは鉄分サプリですね。

 

鉄分は、動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄の2種類あります。

 

ヘム鉄は、非ヘム鉄より吸収率が高く、タンニン(お茶、コーヒーなど)に邪魔されないと知られています。

 

さらにDHC『ヘム鉄』には、葉酸とビタミンB12を配合しています。

 

鉄不足になりがちな妊娠中の女性や育ちざかりの方におすすめです。

 

ちなみにafcは、楽天ランキングで上位です。

 

 

 

ピジョンから販売されている『葉酸カルシウムプラス』は、アマゾンの売れ筋ランキング1位です。

 

妊活中ににとりたい葉酸400μgと妊娠中に必要な鉄10mg、カルシウム160mg、その他ビタミンB群が、1日2粒でとれます。

 

日本人の女性が飲みやすく続けやすい、小さい粒にしてあります。

 

ちなみにベルタは、楽天ランキングで上位です。

page top