そろそろ葉酸を摂ろうかしらという女性は、ディアナチュラやDHCの葉酸サプリメントを選ぶ方が多いようです。

そろそろ葉酸を摂ろうかしらという女性は、ディアナチュラやDHCの葉酸サプリメントを選ぶ方が多いようです。

残念ながらコンビニでは取り扱っているお店は少なく、ドラッグストアかネットなら簡単に入手できます。

 

安いのは間違いないですが、含有成分として肝心の葉酸が100μgしかありません。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

4日分を1度に飲めば、他の栄養成分が過剰になることもあるので止めましょう。

 

また、カルシウム、鉄分も入っておらず、妊活中や妊娠中に摂りたい栄養素がないので、恐らく効果はないでしょう。

 

一方、和光堂のママスタイルは、絶対に欲しい葉酸、カルシウム、鉄分はありますが、了解できるのは葉酸の480μgだけで、鉄分とカルシウムは半分しかありません。

 

こちらも安いけど、効果は微妙でしょう。

 

市販品などは、口コミなどで評判が良くておすすめかなと思ってもそのまま信用するのは難しいですね。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の葉酸と違って、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸の細胞に吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸が正しく作用するようカルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンも併せて無添加で配合し、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

エレビットは、バイエル薬品という超グローバル企業の製薬会社から販売されている葉酸サプリです。

 

厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思い回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期に早い時期から妊娠中も含めて摂る際に多く配合して維持してほしい、とのことでした。

 

この値は、食品で摂る分は除いたものであって、当該商品の800μgは問題ないです。

 

日本人の栄養摂取基準も考え、原産国も最終加工国もスイスで、最終生産国が日本ですね。

 

まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それが妥協できるかどうか意見が分かれそうですね。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、そのおかげで、ポリフェノールも食物繊維も摂ることができるとのこと。

 

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

大麦若葉は九州と広島県、ケールは九州と広島県、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、ほうれん草は九州、南瓜と人参は北海道、桑の葉は島根県、大葉(青シソ)は新潟県・青森県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは継続することも大切なので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

マカナは、妊娠初期だけでなく妊活中でも有効です。

 

それは、葉酸が400μg、鉄8.7mgはもちろんのこと、マカ(日本産)、亜鉛、スピルリナも入っているからです。

 

マカは、女性特有のリズムを整えることに期待ができます。

 

スピルリナはスーパーフードと呼ばれ、豊富な栄養成分(アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)を50種類以上も含んでいます。

 

世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も女性の身体に対するサポートが期待できます。

 

これらは女性だけにメリットがあるわけではなく、妊活中の男性の健康に寄与するという意味で有効です。

 

妊活中からご夫婦で飲むことをお勧めしたいです。

 

ただし、マカナは過剰摂取してはダメです。

 

メリットであるはずの葉酸、マカ、スピルリナ、亜鉛が過剰摂取によってデメリットになりかねません。

 

そもそもいっぺんにたくさん摂っても効果が大きくなるわけではないので、取り過ぎる必要はないのですが、摂り過ぎは副作用の症例もありますので、上限値を超えないように注意しましょう。

page top