エレビットを飲んだことがない人の中には、副作用を気にする人がいるようです。

エレビットを飲んだことがない人の中には、副作用を気にする人がいるようです。

おそらく着色料として使用されている「酸化チタン」と「カルミン酸」のせいでしょう。

 

酸化チタンは発がん性の疑いがあると言われ、カルミン酸のアレルゲン疑いがあるからだと思います。

 

疑いという点では事実ですが、厚生労働省が使用を認めているのも事実です。

 

そういった意味では、完全アウトはおろかグレーでもないと思います。

 

そうは言っても完全無添加の葉酸サプリもありますからそれと比べてしまうと、どうかな?という気持ちになってしまいますよね。

 

エレビットの販売店と言いますか、どこで買えるかというと産婦人科のある医療機関、調剤薬局、公式サイトです。

 

 

 

マカナは、妊娠しやすい体づくりにも有効です。

 

なぜなら妊娠初期のための葉酸、妊娠中期以降のために鉄分が配合されているのは当然として、日本産のマカ、スピルリナ、亜鉛も配合しているからです。

 

マカは、女性特有のリズムを整えることに期待ができます。

 

スピルリナは50種類以上のアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分を含んだスーパーフードとして有名で、世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も健康サポートには欠かせません。

 

これらは女性だけにメリットがあるわけではなく、男性にもメリットがありますので、妊活中のご夫婦には最適です。

 

少なくても妊娠するまではご一緒に飲んで良いと思われる妊活サプリです。

 

ただし、葉酸もマカもスピルリナも亜鉛も過剰摂取はいけません。

 

そもそも摂取量と効果は全く比例しませんので、1日でたくさん摂る必要がありません。

 

過剰摂取による副作用の報告がありますので、推奨量を守って飲むようにしましょう。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の葉酸と違って、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品から摂れる葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸で吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸を働きをよくするため、カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、無添加で、加えて6種類の美容成分を含んでいる点が特徴です。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

ファースト葉酸(ディアナチュラ)は、口コミを見ると下痢になる危険性がある、これは副作用か?という意見を見かけます。

 

公式サイトでは一切触れていないので、メーカー見解はわからないのですが、口コミの本人は、自分と商品との相性の悪さかと考えているようです。

 

この商品に限らず、サプリメントはそういった事例もあるようなので、何度か続くようであれば、割り切って別メーカーの別商品にした方が良いかもしません。

 

まあ、価格の相場から見るとかなり安い商品ですし、どの段階かでコストを節約している部分があるはずですよね。

 

原材料の品質や製造方法にかかわる部分でコストカットしていないでほしいですが、なんかモヤモヤするので公式コメントが欲しいですね。

 

本来であれば、葉酸は妊婦になる前から摂取したいので、妊娠中は鉄分やカルシウムも不足しがちなので、そういった成分も摂りたいですね。

 

 

 

ビタミンは、単独で本来の働きをするわけではありません。

 

ビタミン同士で助け合って効果が出ます。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケル製品のビタミンB群は、ビタミンB群の中から選りすぐりの8種類とさらに作用を高める栄養素イノシトールも含まれています。

 

厚生労働省の推奨値とおり葉酸を400μg配合しているので、妊娠を希望する女性におすすめです。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群の働き(エネルギ供給、老廃物の代謝)を期待して、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで広く利用者の範囲が広いです。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

だからこそビタミンB群は、ゆっくり吸収されるように、できるだけ長く作用するように工夫して開発したようです。

page top