DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

それにより神経管閉鎖障害の事例がゼロになることを目指しています。

 

環境省のエコチル調査(H29年)では、日本ではおよそ90%の妊婦が葉酸サプリメントを適切に摂取していないことがわかりました。

 

同時に日本の過去30年間では、神経管閉鎖障害の発症数も増えていることがわかりました。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、DHCは9つの市と7つ町と包括連携協定を締結し、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳を母親に交付する際、葉酸サプリメントを適正に使用することの啓発とDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは巷でよく目にする「こだわりの国産野菜を厳選」して原材料にしているようです。

 

そのおかげで、ポリフェノールも食物繊維も摂ることができるとのこと。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

そして製品は、GMP工場で製造し、厳しい審査を施して合格したものだけを出荷します。

 

葉酸サプリは継続することも大切なので、入れ物はかわいらしくシンプルなデザイン、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

エレビットは、バイエル薬品という超グローバル企業の製薬会社から販売されている葉酸サプリです。

 

回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期に母体の血液の中の葉酸の濃度を維持する必要があるため、妊娠前から、妊娠中もそうしてほしいという願いを込めて、葉酸量を多くしているとのことでした。

 

葉酸は18~49歳で900~1000μg/日が耐容上限量とされていて、この値は、食品で摂る分は除いたものであって、サプリメントなどから摂る合成葉酸の上限量なので、エレビットの800μgでも問題ないということらしいですよ。

 

日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性向けに新しく配合したものらしく、安心して飲んでくださいとのことでした。

 

最終生産国が日本になります。

 

まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、ファンケルのビタミンB群は、葉酸が400?配合されているので、ですから妊娠初期の女性、妊娠中の女性、授乳中の女性にお勧めです。

 

また葉酸は、ビタミン12とともに冷え性の原因の貧血予防の助けとなります。

 

ただ、鉄&葉酸ではないので、その点は片手落ちですね。

 

葉酸は、胎児の器官を作る妊娠初期までに取っておく必要があり、妊娠中は母体の健康のためにも鉄分とカルシウムが必要だからです。

 

普段の食事でそこまで摂るのは難しいので、サプリメントの利用が合理的です。

 

当然、ファンケルのビタミンb群が唯一無二の商品ではありません。

 

多くのメーカーから展開されているのでご自身に合うサプリにすればよいと思います。

 

その際のポイントは、まず葉酸の種類はモノグルタミン酸型であること、選ぶなら絶対に合成のモノグルタミン酸型葉酸が良いです。

 

サプリはほぼこちらを採用しています。

 

それと添加物の含有量には注意してください。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという一貫した管理体制で作られる葉酸サプリです。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料無添加・無着色で製造しています。

 

それに(公財)日本健康・栄養食品協会から「健康補助食品GMP」を認定されていて、国内工場の一貫した管理体制で安全性を確保し、原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

摂取する時間は、ご自身の体調に合わせて都合の良いときを飲む時間としていいでしょう。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲む際は、担任を含んだ緑茶などと一緒だと葉酸の吸収効率が悪いので、水やぬるま湯で飲んだ方がいいです。

page top