ベルタ葉酸サプリび特長とは

ベルタ葉酸サプリは、

葉酸を酵母に含ませています。

 

そうすると葉酸の吸収率が他の合成葉酸と異なり、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸の細胞に吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルも併せて無添加で配合し、さらに美容成分が6種類配合していることは長所と言えるでしょう。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

 

そして、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症例が、なくなることを目的にしています。

 

環境省のエコチル調査(H29年)では、日本ではおよそ90%の妊婦が適正に葉酸サプリメントを摂取していないことがわかりました。

 

また、それまでの30年間に日本では、神経管閉鎖障害の症例が増加しています。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳交付時に適正に葉酸サプリメントを使用する啓発、そしてDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。

 

 

 

マカナは、妊娠初期だけでなく妊活中でも有効です。

 

なぜなら妊娠初期のための葉酸、妊娠中期以降のために鉄分が配合されているのは当然として、日本産のマカ、スピルリナ、亜鉛も配合しているからです。

 

マカは、女性特有のリズムを整えることに期待ができます。

 

スピルリナはスーパーフードと呼ばれ、豊富な栄養成分(アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)を50種類以上も含んでいます。

 

世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も健康サポートには欠かせません。

 

これらは女性だけにメリットがあるわけではなく、妊活中の男性の健康に寄与するという意味で有効です。

 

少なくても妊娠するまではご一緒に飲んで良いと思われる妊活サプリです。

 

ただし、マカナは過剰摂取してはダメです。

 

メリットであるはずの葉酸、マカ、スピルリナ、亜鉛が過剰摂取によってデメリットになりかねません。

 

そもそもいっぺんにたくさん摂っても効果が大きくなるわけではないので、取り過ぎる必要はないのですが、摂り過ぎは副作用の症例もありますので、上限値を超えないように注意しましょう。

 

 

 

妊活中から葉酸を飲んでおこうと、鉄分やカルシウムと合わせて栄養補助食品を利用する人がたくさんいます。

 

pigeonの『かんでおいしい葉酸タブレットカルシウムプラス』などです。

 

楽天やamazonで購入可能です。

 

pigeonのサプリメントは添加物が気になるという意見を目にします。

 

他メーカーの葉酸系サプリと比べると含有量が多いようにも見えますが、でもサプリメントとしては安全なのだと思います。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

ララリパブリックの葉酸サプリは、巷でよく目にする「こだわりの国産野菜を厳選」して原材料にしているようです。

 

豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

そして製品は、GMP工場で製造し、厳しい審査を施して合格したものだけを出荷します。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、入れ物はかわいらしくシンプルなデザイン、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

 

 

 

page top