2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞

ピジョンの葉酸プラスは、

2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位に選ばれたようです。

 

元気な赤ちゃんに泣てほしいと希望する女性が飲むことを想定して開発された商品です。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、鉄とビタミンB群も配合されています。

 

小さめ粒で飲みやすいので、粒が苦手な女性でも支障はないと思います。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、小腸まで届いて酵素で分解されやすくなっているようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工という処置を施しています。

 

 

 

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

 

それにより神経管閉鎖障害の事例がゼロになることを目指しています。

 

環境省のエコチル調査(H29年)では、日本で妊娠した女性の約9割が葉酸サプリメントを適切に摂取していないことがわかりました。

 

同時に日本の過去30年間では、神経管閉鎖障害の症例が増加しています。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳交付時に適正に葉酸サプリメントを使用する啓発、そしてDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。

 

 

 

妊活中から葉酸を飲んでおこうと、鉄分やカルシウムと合わせてサプリメントで補う人が多いです。

 

pigeonの『かんでおいしい葉酸タブレットカルシウムプラス』などです。

 

楽天やamazonで購入可能です。

 

pigeonのサプリメントは添加物が気になるという意見を目にします。

 

確かに入っていますが、でもサプリメントとしては安全なのだと思います。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の合成葉酸と異なり、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品から摂れる葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸の細胞に吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸が正しく作用するよう鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを含み、無添加で、加えて6種類の美容成分を配合していることは長所と言えるでしょう。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

Lara Republic葉酸サプリは、回数縛りなしで定期購入がおすすめです。

 

安くなりますから。

 

ルイボスティーも人気商品ですが、そういったプレゼントやサンプル品はありません。

 

公式オンラインショップで買うのが一番安いですが、楽天だとポイントが付くし使えるし、どっちが便利がは人それぞれかも。

 

口コミを見ると独特な匂いが気になる方もいるようです。

 

成分表は、含有量が多い順に記載しています。

 

肝心の葉酸の順番はずっと下の方ですが、必要な量は入っていますので心配には及びません。

 

 

 

page top